明快さ

大切なのは普通の言葉で非凡なことをいうことである。

出典:

  • 「思索」 §8b
    真の才能に恵まれた頭脳の持ち主の作品には、断固たる調子、確固たる態度、明晰判明な表現があるが、これらのいずれも凡庸な人々には欠けている。
  • 「意志と表象としての世界」§47
    思想豊かな精神は、平明に自己を表現する。貧弱な精神は、遠回しで曖昧な、小難しげな言い回しで武装して、華麗ではあるが空漠としている。

解説:

ショーペンハウアーの根本的な思索の態度を表した語。

このサイトの主著の要約からもわかるように、ショーペンハウアーの哲学はほとんどが普通の言葉からなっていて、独自の専門用語はほとんど無い。

そのおかげで、ショーペンハウアーの哲学は時代を超えて読み継がれるのかも知れない。

逆に、わかり易すぎることで学者からは無視されたり、アンチが続々と誕生したり、さらには浅いと考えられてしまうという運命をたどったが、ショーペンハウアー本人はそのようなことを恐れなかったようである。

»目次に戻る(名言集)

Bookmark the permalink.